News Blog Profile Works Photo Movie SouVenir Contact

« 2007年09月 | メイン | 2007年11月 »

2007年10月 アーカイブ

2007年10月28日

重ねるごとに増えてゆくもの☆

それは、私の知らない世界。

年を重ねれば重ねるほど
減ってゆくと思っていたのに・・・

一方で
私の体も、脳みそも
すでに老いに向かって進んでいるはずなのに・・・

今なぜか
たくさんの知らない世界を知るよろこびに
掛け替えのないよろこびを感じます。

その一方で
生きれば生きるほど
知るかなしみも増えてゆくものなのでしょうが
今日はとりあえず、かなしみは置いておきましょう・・・

年を重ねれば重ねるほど
よろこびを深く感じられる
それは人にそなわる素敵な不思議かもしれない☆

目のまえに広がるたくさんの未知の世界は
まばゆくって
目が眩んでしまいそう
一歩一歩手探りで進んでゆくその足どりは
おぼつかないようでいて
しっかりしている

なんだか似てる・・・
ヨチヨチ歩きで外の世界に足を踏み入れたときの気持ちとね☆

 

△Top

2007年10月25日

★★★パラダイスは死後にはない★★★

たとえば、 

『パラダイスは今、ここにある』

もしくは

『パラダイスは死後にはない』

 どっちの言い方を相手にするかな?

私の場合はたとえ感情的には『パラダイスは死後にはない(怒)』と言いたくなちゃっても、まず最初はひと呼吸おいて気持ちを静めて、『パラダイスは今、ここにあるんだよ(笑)』と言える人でありたいな。。
なぜならば、私の本心は相手を『地獄に突き落としてやりたい』んじゃなくって、相手を『パラダイスへいざないたい♪』のだから クール

約3年前にダンサーとして勢いでひとり立ちしてしまって、同時に人に教えるということもしなくっちゃになっちゃいました。
『ひとでなし』 叫ぶ な未熟モノが突然教える立場になっちゃいまして、『自分が思うこと』を相手にそっくりそのまま伝えては、教えることに全然ならないのだ~、ということにかなり身も心ももだえました。

或る人に言われたことでもありますが、EDUCATIONの言葉どおり、教えるって、人をEDUCE、つまり人の隠された力を『引き伸ばす』『この世界に引き出す』ことなのだと思います。
だから、教える側が自分の思いや感情そのままに『指導』や『指摘』することで、相手の秘めた力を『萎縮』させたり『壊しちまう』んであれば、教える側が教えることがヘタクソなだけなんだぞ、と私自身に対して思ってます。

今日は私のユニットのメンバーとお茶をして、おしゃべりをしながらのダンスのレッスンをしました。
私はただ踊るレッスンだけでじゃなくって、ゆっくりとしたリラックスしたひとときの中でおしゃべりするだけのレッスンも、だいじだな~と感じています♪
なぜなら、ダンスの裏に垣間見える様々な問題って、ダンスのレッスンだけでは解決できないことがたくさんあるからなのです。
今日も話が深まってゆくに連れて、お互いに情も深まって、レッツゴーパラダイス☆な気分になってしまって、やっぱり教える立場に立つからには相手の力を引き出せる人でありたいな~☆という思いをさらに強くもってしまいました。
教えることは教わることでもあります☆
そして一緒にホントにパラダイスに行けたらホントに最高です☆


昨日は梅津和時さん、太田惠資さん、清水一登さんのセッションに飛び込ませていただきましたが、まさにそこは素敵過ぎるパラダイスでした☆☆☆☆☆
本当に、どうもありがとうございました~

△Top

2007年10月20日

人は変わる☆かもさ

私じしんそう思います。

ここ3年で変わったこと☆


★日記を書くようになった☆

★人の前で喋れるようになってきた☆

★丁寧な、的確な日本語が言えるようになってきた☆

★キレなくなった☆



日記は大キライで子供の時は二日しかつづかなかったです(((・・;)
 が、3年前に友だちに勧められて書きはじめただけど、最近は書くの平気です。
今じゃ書くのがとても楽しいです(^-^)。

人のまえ、特に大勢の前で話すのも大キライで、つい3年前くらいは緊張して頭真っ白になってフリーズしちゃったんだけど、今じゃ結構人前ではなしたがりやかもです。
今日も人前で目上の方に向かって話すのが楽しくなって止まらなくなって、後になってでハッ!でしゃばりすぎた!と気付いて反省しました。。 

 目上の方々への言葉遣いも加えて態度もヒドイもんでした。。
丁寧な言葉、的確な言葉が言いたくても、言えないんです(--;)。。頭が働かなくって…。
感謝してても、態度で示せないんです(--;)。。表現の仕方がわかんなくって…。
ある目上の方からは、人であっても「人でなし」の称号を頂いたことがあります。
今は、上手いとは言えなくても普通に意味がちゃんとある丁寧な言葉が話せるようになったんではと思います。
言葉、使えてるとウキウキしちゃいますo(^o^)o

そして、、思い通りに行かないと、イライラしたりして、人に当たらないまでも人を羨んだり人のせいに思ったりとか、人のいない所でモノを壁に投げ飛ばすとか、してましたが、最近は思い通りにいかなくてもイライラした記憶がないです。
記憶がないだけかな。。
いや、やっぱ少なくとも半年はキレた覚えがないなあ。。


そんな感じです☆


子供のとき、「三年寝太郎」てお話が好きだったけど、かなりじぶんと重ね合わせてました(^0_0^)
私ってとてもマイペースだし、器用じゃないから人がフツウに出来ることができないことが多すぎる人です。。
だから寝太郎が寝てるように、人まえで自分を出さない自分から話さないことで自分を守ってきたかも…。
でも、その一方で出来ないことに出くわすと、爆発したり落ち込むことはあったんだけど、でもそれは一瞬☆、すぐ私の中に三年寝太郎が来迎してくれて、心の奥底からまあいっかマイペースで進めばいいや~(^0_0^)~という気持ちが沸いてきちゃいます。
だから結局、成長がノロノロです☆

人さまよりノロノロだから身内はさぞ、気を揉んでいることではないかな、とは思うんだけどね。
でもノロノロな分だけ私には出来ないことが出来る人たちを見ることだけはしてきたかな。。
そして、そんなノロノロな私でも三年もすれば出来るように変わってたことがあったのだな。。

とゆうことに今日気づいたんで、日記に書いておきます(^0_0^)

おとぎばなしみたいに長者どんにはなれないかもだけどね。
ささやかな成長に、幸せな気持ちをたくさん感じてる今日この頃です☆
そして三年寝太郎に感謝です(^▽^)


いじょう、今日はお仕舞い~☆

△Top

2007年10月16日

クロマチック鍵盤♪

 ピアニスト菅野邦彦さん考案の白黒鍵盤が並列した生ピアノが完成したとのことで11月1日に湯河原の吉祥院というお寺でお披露目があるそうですので、案内させていただきます。

 私もお祝いダンスにいく予定です^^

 

以下詳細です
11.1(木)開演 19:00  
菅野邦彦(P) 小林陽一(B) 佐々木豊(D) MITUKO(Cello) KENJI(G.V) + more
 会費 3500円
問合せ : 吉祥院檜ホール tel 0465638923
ネット 檜ホールのホームページアドレス
http://www.kichijyo.com/hinokicharity.html

住所
259-0312 神奈川県足柄下郡湯河原町吉浜1968-1
TEL:0465-63-8923(檜コンサートホール) TEL:0465627737吉祥院 FAX:0465-63-8920共通 
電車の場合の最寄り駅は真鶴駅になります。

△Top

2007年10月14日

☆憧れるって素敵☆

昨日は書を学びにいきました(^-^)
昨日で二回目です。しかも前の回は6月だったから、かなり空いちゃってます。。

書を学ぶなんて、夢にも思ってませんでした…
書くのはとても楽しいです。
でも自由に好きに書くのって難しいです。。
テクニックがないと逆に思う存分書けないのだな。。。
と、書くともどかしいっす。

先生いわく、昔の人の書に憧れ、真似ることから書の道は始まるそうです
これはどの道も同じですね☆
これから憧れる書との出逢いがあると思うと、何だかドキドキです☆

へたクソですが・・・・
文章が気に入っちゃいましたので、載せちゃいます(^0_0^)

 

これは昨日の稽古で出会った、陶芸家河井寛二郎著『いのちの窓』からですが、とても素敵な文章です。。
がそれは置いといて…

私も山に行くと、全身にエネルギーがみなぎっちゃって、もの凄~い走りたくなることあります☆
ずいぶん前に、少女時代に住んでた横浜市金沢区朝比奈が急に懐かしくなってひとりで行きました。
そして懐かしい小学校とか、公園とか、マーケットとかとか、プラプラしてたんだけど、朝比奈の森に入ったとたん、突然走りたくなってず~と一時間くらいかな、夢中で山道を走りました。
そしたら、鎌倉市を通り越して横須賀あたりまでいっちゃってました(^0_0^)

最近は鞍馬山に行ったらものすご~く駆け巡りたくなったんだけど、サンダル&ワンピ姿だったんで、こんどはスニーカー履いて行ってみようと思います☆☆☆

秋の鞍馬山は素敵そうだな(^0_0^)(^0_0^)(^0_0^)

 

△Top

2007年10月11日

★まもれじんるい☆

プロテクションの気持ち☆
それは、人をいと愛しい、守りたいっていう気持ち☆ 。

この気持ち、生きていくのに大切な気がします。

人のことを大事に思うよりも
自分の利益のみ幸せのみ優先して生きたほうが
効率的で賢い生き方なんだろうなとも思うんだけど。

でも、誰かを守りたい、誰かの役に立ちたいという気持ちなくして
人は楽しく幸せには生きれないんじゃないか。

それに、もしかしたら、ウツになっちゃう状態とか
死んじゃいたいと思っちゃう状態ていうのは
その気持ちが薄くなっちゃってる状態なんじゃないか。

とも最近思います。

そして、あくまでも推測なんだけど(((・・)
こんなことを考えました。

人って
平和な時代になればなるほど
かえってプロテクションの意識を失いやすいんじゃないか。
戦争でもしない限りは
誰かを守りたい、いと愛しいって気持ちが
高まらない&続かなかったりするんじゃないか(特に男性は?)。
これって恋愛と同様かな・・・・。

他人を愛するって
難しいことなんだと思います。

だから陰陽マークみたいに、
人は戦争あるゆえに平和を願う
平和になるとやがて戦争をしたくなる人が出てくる…
その繰り返しをして人を愛するよう、守るように
人類全体のバランスをとって来たのかな?

身も心も利己と利他の葛藤のエンドレスワルツをさせながら
粘っこく戦争ゲームしあって生きてきたのが
人類だったのかな?と。

そして、平和を訴える人がどんなにいても
戦争ってなくならない・・・
それだけ戦争には魅力があるんだろうな。
特に何をしてでも大儲けしたい人には。

でも、それでも戦争を永久に起さない文明
人を守りたい、いとおしいと思う気持ちををずっと持ち続けることができる文明って開けるのかな?

頭の中にしかあり得ないだろうだけど、進めちゃいます☆

もしあり得るとして
そんな文化文明が生まれやすい空間が
この地球上にあるとしたら
どこにあるのかしら?
っと考えてみたんだけど。

それはもしかして、自然溢れる農村よりも
さつばつとした都市空間なんじゃないのかあと
何だか最近は思います。

でもね、戦争を永久に起さない文明なんて
やっぱりありえないと思うけど★☆★☆★
ぼろ儲けしたい頭の凄い良い人は
いつの時代でもどこにでもいるし。

でも、前に観たこんな映画が心に引っ掛かってます。
ヴィム・ヴェンダース監督の映画『都市とモードのビデオノート』です。
これを観た時、ヤマモト・ヨージさんの黒い服は
人類をプロテクトしたい気持ちが豊かに込められてるんだなと思いました。

都市に生まれた彼には当然田舎がないから帰るところも逃げる所もないし
里への郷愁なんてない。
だから、常に環境に頼らず状況に流されず
ご自分で心と体のバランスを取って
人も建物もゴミゴミした都市で生きていらっしゃる。
そうだからこそ、狭い都市空間の中でも
他者を思いやれるくらいの広いコスモポリタンな
自由、平等、博愛なマインドが芽生え&豊かに膨らんで
やがて世界中の人たちをも優しく包みこむ
黒いプロテクションの花を
モードの畑に咲かされた方なのでは
と思いました。。

うまく伝えられないな(((・・;)
とてももどかしいですが、、
でも恥ずかしくも下手な文章で何とか伝えたかったのは
戦争がなくならなくても
平和になってなぜか自分のことしか考えられない人が多くなってしまっているとしても
私は都市の中で人をいと愛しい、守りたい、という気持ちを大切にして
人と楽しく生きてきたいなということです☆

昨日も人生の先輩からお話を伺い、刺激を受け
そして踊り、色々なことを考えました。
素敵な出会いに心から感謝します。
そして頂いた種を大事に育てて
素敵な花を咲かせたいと、思います^^

 

 

△Top

2007年10月09日

今日も(^0_0^)

踊ってしまいました。今日はスターパインズカフェでEclatとのセカンドセッションでした。フランクザッパのトリビュート曲に和服でトライしましたが、昨日よりも落ち着いてセッションできました。
関係は時間をかけないとできないもの。ステージでも同じとゆうか余計そうです。

昨日もそうだったんだけど、彼らとのセッションはとても気持ちよいです。
それはなぜかなあと今日も考えてたんだけど、それはダンサーをリスペクトしてくれてたからだなと思いました。
彼らは、いつもの演奏とダンサーを交えての演奏のアトモスフィアーが違うと口々に嬉しそうに言ってくれましたが、そういってくれるミュージッシャンて過去あまり出会わなかったからとても嬉しかったです。
結構エロス色しか見ない方もいらっしゃいますし★★★

ミュージシャンは一般的にダンサーを音楽の添えもの程度にしか考えてない気が伝わってくることが実は結構多いです★
踊るのってそんな簡単じゃないよ、ましてやよくしらないミュージックで即興で踊るのって先を勘でよまなきゃ、玉砕しちゃうわけだしさあと、セッションの後に結構ウツウツすることがあるんだけどね。
昨日も今日もそれがなかったのは、やはり彼らのヒューマニティのなせるわざだったんだなあと、とてもありがたく感じてます☆☆☆☆☆

△Top

2007年10月08日

幸せ☆Happy et Heureux♪♪

最近は、harry hosono & the world shyness『flying saucer 1947』
の『Shiawase Happy』 がやたら頭の中でヘビーローテーションしてます♪♪

この曲などがはいったアルバムを聴きながら、お部屋の掃除とか料理とか明日の準備とかとかをすると、なんだかとっても楽しくなります♪♪
密かにナイショでShiawase Happy音頭をつくってみたいなあ~なんて思ってたりします(ウソです)☆

HAPPY繋がりで少し。。。。
最近、テレビをつけたら杏里が『I can stop the Loneliness~どおし~てな~のかなしみが~とまらな~い~♪』と唄っていて、なんだかちょっとウザかったです(--)
うーん、『I can stop the Happiness~どお~してな~のしあわせが~とまらな~い~(^▽^)♪♪』
って唄うのはああどおして難しいのが嗚呼人生なのかしら?

それから、また別の日にテレビをつけたら、島田伸介が『欝は脳が原因です』というようなことを言って深刻に司会をしていたのですぐにテレビを消してしまいました。。。
そりゃそなんじゃないか。。。脳みそが他の生物より異常に発達したのが人間なんだもの。そして今現在やたらおきているだけのことで、例えば、その昔、白隠禅師なども欝らしかったとのことで。。人は欝になるように脳みそが出来ている、ということは人である以上当たり前、そうならないようにHappyに生きるにはどうしたらいいのかってことを皆で楽しく取り組んで生きるしか、解決の道ってなかったりしないのかしら??と思います。それがカルチャーの役目なんだと私は思います。

 さてさて。。。
今日も踊ってきました。
フランスのEclatというプログレバンドとのセッションでしたが、夕方にたべたカツどん(井泉のカツどんでした♪カツどん好きにはたまりませんhttp://www.isen-honten.jp/)が逆流しそうなほど、激しく踊ってしまいましたですが、とても楽しかったです。

プログレのような踊りづらい音楽でも違和感なく踊れるのって、やっぱ現代舞踊の特権かなあと改めて思えた、素敵なセッションでした☆
もっともっと強くたくましく楽しく踊りたいなあと思えたHappyな夜でした。

Merci Eclat!
Je Vous aime!! キス

△Top

2007年10月06日

いつもフレッシュなハプニング☆

今夜はART KAWASAKI 2007にて、野外のお庭でヒグマ春夫さん他のアート作品とのコラボレーションダンスをしてきました☆

たくさんの作品がある野外の舞台で作品一つ一つと絡んで踊って&パフォーマンスしてみましたが、今回は無音でした♪

でも近くの電車の音や虫の音や、車やヘリコプターの音などなど、それから素敵なそよ風に包まれた秋の夜空の下は、とても気持のちよいステージでした☆

音楽とまったく関係しないで、オブジェや空間そのものとの関係から生まれるダンスっていうのもとても新鮮で楽しいです(^0_0^)

で、こうゆうことを身をもって体験すると、普段気にも留めないことに気付かされることがとても多いんだけど、、関係するモノや場や人などに応じて、実はヒトって無意識的に敏感に情報や印象などを感受してしまってるわけで、それに対して起こせるリアクションはホントは無限大なんだろうなあ~~と、改めて感じた楽しいセッションでした☆

これからもパターンにはまりすぎて心がスカスカにならないよう、心も体も脳みそも柔らかくありたいな、素直に柔軟に楽しく表現していきたいなと思います☆

踊りながら芝生に寝転んで見上げた空には☆がありました。でも少なかったの。。★★★
思わず『少ない!少ない!』と叫んじゃいましたが、この世界に在るべき素敵なものを見えなくしてしまうフィルターやリミッターが、やっぱり都市空間に強力にあるのでしょう。。。

そんな都市の環境や条件に流されず、楽しくたくましく生きるすべを持つことって、大事よね、とも今夜も思いました☆

 □ART KAWASAKI 2007の詳細は↓
 http://www.geocities.jp/artkawasaki
これから会場では12月まで色々なダンサーが作品とコラボレーションしますので、よかったらゼヒゼヒ☆

そして明日はフランスから来たプログレバンドの音を浴びて踊って参りまする~

    

 

 

△Top

☆パフォーマンスのご案内☆ 10/7@ART KAWASAKI 2007  & 10/8@dress TOKYO, Akihabara

土曜と日曜に踊りますので、ご案内させていただきます~

☆2007年10月6日(土)18:00
ART KAWASAKI 2007
ヒグマ春夫さんのインスタレーション他とのコラボレーションです@アウマンの家
http://www.geocities.jp/artkawasaki/


☆2007年10月7日(日)
Session with Eclat from France @ dress TOKYO, Akihabara
http://techtrans.s283.xrea.com/liveschedule/sche.cgi

フランスから来日のEclatとセッションします。

open18:00start 18:30
adv\2000/door\2300
ローソンチケットLコード:34801
チケットオーダー:http://techtrans.s283.xrea.com/live/ticket/form.html
☆当日お取り置きご希望の方はメールをお願いいたします☆

●Eclat (France)南仏マルセイユ出身。1989 年の結成以来、4枚のオリジナルアルバムと1枚のライブアルバムをリリースしている。結成当初は、ANGEに代表されるシアトリカルなフレンチ・シンフォ・サウンドであったが、アルバムをリリースするごとにタイトなジャズロック要素を整合感を保って取り入れてきている。Alain Chiarazzo(g, vo), Thierry Masse(key), Fred Schneider(b), Marco Fabbri(d)

18:00-18:30Door Open

18:30-19:15 FROGFLAVOR show

19:30-20:20Fantasmagoria show

20:35-21:25Eclat show



ご来場心よりお待ちしております~

△Top

2007年10月04日

☆映画『姦C(かしましい)』☆

SouVénirでもダンサーとして参加してもらってる女優の望月麻衣ちゃんと太田ロランス緑ちゃんも出ている映画『姦C(かしましい)』(遠藤一平監督作品)が今月末から渋谷UPLINK FACTORYで公開されます~のでご紹介しますね☆

渋谷 UPLINK FACTORY:10月29日(月)~11月8日(木)
平日:17時~、19時30分~
土日:12時~、14時30分~、17時~、19時30分~
※但し、11月6日(火)は、12時~、14時30分~の2回のみ
※各回入れ替え制(回によっては立見も予想されます)

主演メンバーの舞台挨拶を予定していますが、
忙しい人たちばかりですので全員が一同に会することはできません。
いつ、誰が、あるいは誰と誰が皆様の前に現れるのか?
日程が決まり次第、順次、公式サイトにてご案内いたします。

10月10日より チケットぴあにてチケット販売開始
(前売り1,300円、当日1,500円)
同日より公式サイトでも前売り販売いたします。

△Top

2007年10月03日

プログレ☆セッション

今日も踊りました☆

チリから来たアキネトン・リタードというプログレバンドとセッションでした。
今回セッションをお誘い下さった方は私のダンスもプログレだとのことで、その気になってプログレ初挑戦でした☆

初セッションは、できたら踊りやすい曲で…と思って事前に音楽聴いておいたんだけど、えいや〜と踊り出した曲はとても長い新曲な難曲でした〜
バンドの彼らはわざわざ新曲な難曲で踊ってくれたと喜んでくれましたが(-_-;)どこで音楽が終わるんだか皆目見当まったくつかない私には即興で踊りながら結構内心困りました。よいシゴキになって幸いだなと思うことにします。。

チリから来た彼らとのお話が新鮮でした(^0_0^)
チリとは私は全く縁がないなあと思ってたら、いやいやそんなことはなく、チリ産の海産物はかなり日本に来ていてお陰で枯渇しているそうです。。そんなこと言われてもさあ…と複雑な心境になりましたが、まあそれはおいといて、心優しい彼らとの舞台裏でのトークはとても楽しかったです♪

写真はパフォーマンス冒頭にダンスしながら写メしたものです☆

アキネトン・リタード
http://www.akineton.cl

△Top

2007年10月02日

友達★朋友☆

今日はシンガポールから来たチャイナ系の友人にお会いしました。
私はブロークンイングリッシュでなんとか喋れる程度だけど、それでも言葉以上に心が通じるから嬉しいなあと思います(^-^)

私は中国に行くと、中国人に中国人だと間違われます。今日もその話をしたら、うなずかれちゅいました。。が、はるか昔、シルクロードの終着点だったはずの日本には、たくさんの国の人たちが訪れたに違いないから、私の血には中国系の血はもちろん、色々な国の人たちの血が混ざりあってたりして、、と夢想すると、とてもワクワクします。

そして、もし私たちの血にたくさんの民族の血が流れているんであればなおさら、今の日本人にできることは民族、国家間の争いを避ける策を政治や戦争という国家レベルの関係以外で率先して切り開いていくことだったりしないのかしらとも思ったりもします。

今日出会った中国系の友は、日本の文化が好きだと、とくに日本人の人間性が好きだと言ってくれました。それに対しては私は、今の日本人はセルフィッシュで自分のことしか考えられない人とか、都会にやって来てガツガツ稼ぐことや成功しか考えてない人とか、うつうつしちゃってる人とかが多いですよと答えちゃいましたが。。私自身は、私の身にたとえ何があろうとも、ヒューマンな人でありたいなと異国の友との語らいで気持ちをまた強くしたのでした(^0_0^)


△Top

2007年10月01日

男鹿和雄展☆☆☆☆☆

昨日最終日だったことに気づき、慌てて夕方行ってみました〜ら凄い雨にもかかわらず美術館の外まで長蛇の列なの(;´д`)。。
でも負けないで並びました。
並んだ甲斐ありました(^0_0^)
男鹿さんの繊細で細やかで優しいタッチで、雨で冷えた体がハートからじんわり温かくなりました(⌒‐⌒)です
男鹿さんは過去に見た光景を心にとどめておいたものを、ひとつひとつ思い出しながら描くのだそうです。
だからただ現実の風景をそっくりそのまま写生したんじゃなくって、男鹿さんの心のフィルターで昇華された景色が、セル画として立ち顕れているのでした(^-^)
だからあんなに絵から優しさが溢れ出た美しい世界が表現できてしまうんだ〜とじ〜んと来ました。
男鹿さんという人は、この世界をとても優しい眼差し、いと愛しい思いで見つめてるんだな。つまり男鹿さん自身の世界、インナースペースがとても優しく美しいんだとまたも思いました。
写真はデカい風景画を撮りました〜
絵だって思えないでしょ?
男鹿和雄展は今日も特別展示してるそうですよ☆

△Top

2011年05月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

Photo Log

叫ぶ

Creative Commons License
このサイトは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.

当サイト掲載内容の転載は二次使用も含め、事前にお知らせ下さい。リンクをして頂く際にもご連絡をお願いします。

Copyright (c) 2007
Sawaka Oka
All Rights Reserved.