News Blog Profile Works Photo Movie SouVenir Contact

« 2010年11月 | メイン | 2011年01月 »

2010年12月 アーカイブ

2010年12月31日

年末ごあいさつ&1/8ご案内

今年も残り時間わずか・・・。
 
これから初日の出まで都内をぶらぶら歩きます〜
神社にお寺に、初詣をはしごして、初日の出を見るのですが、
実はもう14年くらい続けてます。多分。
素敵な日の出が見れるといいな。
 
今年は熊野とのご縁を頂いた一年となりました。
「原人の会」主催の自然を守るための川下りレースにて、
熊野本宮大社でのピンクリボンキャンペーンにて、そしてクリスマスイベントにて、
三度舞わせていただきましたが、
舞わせて頂くことが誰かの、何かのお役に立つことに繋がるって嬉しいことだなと
体感できた一年でした。来年も舞進してゆきます。
 
皆様も良いお年をお迎えくださいませ&来年もよろしくお願いいたします。
 
 
 
新年前に・・・、年明け第1週目のライブご案内です。
ピアニスト清水一登さんとの定期ライブ、今年で3年目になります。
手探りだった最初の頃と比べて、息が合ってきたかな?と感じています。

今回は若手津軽三味線奏者、星野通映さん、
そしてベリーダンサーKIKAさんを迎えてのセッションです。

ご来場、心よりお待ちしております。
 

1月8日(土)14:30〜16:30(OPEN 14:00)
ダンス+音楽「たのしいの◎んだふる」1月号(16回目)

☆ホスト:清水一登(ピアノ)岡佐和香(舞踏)
☆ゲスト:Kika(ベリーダンス)星野通映(津軽三味線)

★会場:OrganJazz倶楽部(沼袋)TEL: 03-3388-2040  
        中野区沼袋1−34−4 B1F
★料金:ドリンク+ チャージ(おひねり)
★主催:POSEIDON
e-mail:yoyaku@poseidon.jp

詳細はコチラまで
 http://www.sawaka.info/news/2011/01/18.html

 
 

△Top

2010年12月25日

☆クリスマス写真 in 熊野③☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆massaさんご撮影☆

Flickrにも掲載いただきました〜

http://www.flickr.com/photos/masa5901/5271314866/in/set-72157625518812357/

ありがとうございます〜

ということで、メリークリスマス&良いお年を 笑う

 

△Top

☆クリスマス写真in熊野②☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆寺村さん撮影☆

熊野観光もありがとうございました!!

△Top

クリスマスイベントin熊野①

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ☆熊野新聞社ご提供☆

先日のクリスマスイベントでのお写真をたくさんいただきました。

心から、ありがとうございます

スマイル ありがと 心


記事も掲載していただきました。

熊野新聞http://kumanoshimbun.com/news/2010_12/20101221_02.htm
紀南新聞
http://www.kinan-newspaper.co.jp/history/12/21/index.html 

 

かなり寒かったので、たくさん着込んじゃったのが、反省でした・・・。

△Top

☆赤薔裸pv 撮影 in 青い部屋

23日は、青い部屋で赤薔裸pv用撮影でした。
写真は平手舞ちゃん。

撮影の赤羽さん、照明の田川さん、栗原さん、ありがとうございました☆

青い部屋、年内閉店は本当に残念。
復活を心から祈ります


ハート薔薇ファイトファイト薔薇ハート


映像は年明けに完成予定です。

△Top

2010年12月20日

☆Lgiht Up☆

先週末は熊野、和歌山県新宮市の小口自然の家にて

大きなクリスマスツリーの下、

 舞わせていただきました。

 

10月のピンクリボンキャンペーンでの

 
熊野本宮大社大鳥居ピンクライトアップの際に舞わせて頂いたのに引き続き、

 
今回も地元のボランティアの方々が創意工夫された

 
大きなヒマラヤ杉の素敵なクリスマスツリーのライトアップ。

 


今年は20周年とのことで、過去の数々のツリーの写真展示も拝見しましたが、

 
20年も灯し続けるって凄いな〜って思いました。

 
10月のピンクリボンイベントでも、ピンクの光に込められた命の大切さをしみじみ感じましたが

 
今回のクリスマスツリーの光にも心がじーんと温かくなりました。

 

とても寒く暗い大自然の中、
 

素敵なイルミネーションと舞台照明といくつものキャンプファイヤーが灯された


光の広場を舞わせていただきながら
 

光について、深く気づかされました。

 

 
光って

 
ただダンサーとかを美しく当てるための要素じゃなくって

 
人との心を繋ぐ大切な要素。

 
心を温める大切な要素。

 

 
真っ暗な世界に光を灯そうとすることって

 
生きる上でとっても大切なこと。

 

 
地元の方々に

 
光と共にダンスを楽しんでいただけて

 
嬉しく思いました。


 

 
そして・・・ 
 
冬を彩るイルミネーションや高層ビルの光がちりばめられた東京に戻って

 
待ち受けていたのは人身事故と電車遅延。。

 
東京は人の心の闇と心の疲弊に満ちていますね・・・・。
 

 
どんなにまばゆく光り輝く世界にいようとも

 
人は孤独を感じると

 
誰か何かとの心の繋がりをなくしてしまうと

 
人を信じられなくなってしまうと

 
失望してしまうと

 
一寸先は闇に呑み込まれる。

 

 
人は皆、お母さんのお臍と繋がったまま

 
生み出されてくるからかしら・・・。

 

 
繋がりをなくすと、

 
人は死を選んでしまうのかもしれないですね。


 
温もりのある光を灯すこと。

 
たくさんの人と心を繋いで生きること舞うこと。

 
大切だなって改めて考えさせられた、熊野の旅となりました。

 

 
おかげさまで来年は、もっとたくさんのことに取り組んで、

 
温かな光を灯すように舞ってゆこうと、背中を押された旅にもなりました。

 
 
 
素敵なクリスマスイベントにお招きいただき、心から感謝いたします☆
 

△Top

2010年12月17日

☆クリスマスツリーの下で☆

12月だけあって、走っても走っても、慌ただしいです。。

走るほど、逞しさ増してる気もしますが。。


そんな中でもライブに行くと、ほっとするし、生き返る感じです。

人が出すエネルギーって、やっぱ人のエネルギー源になりますね。。良くも悪くも。。

と、良いエネルギーをチャージできたところで、週末は熊野にゆきます。

新宮市の小口自然の家にある、ライトアップされた大きなクリスマスツリーの下で、舞わせていただきます。
高さ25mのヒマラヤ杉だそうです。。

25mって、どのくらいなのかなとおもったら、こんな感じ。
http://www.youtube.com/watch?v=y5cIu7yliFE&feature=youtube_gdata_player


ただいま選曲中ですが、ステキなクリスマスソングで舞わせていただこうかなと思ってます。

出演は18日19時半あたりのようです。


たのしみです。

その前にもう数走りです。。。


△Top

2010年12月12日

幼想

私が3歳の頃だったような気がします。

 

ふっと今朝思い出した光景と感覚。

 

 

そこは鎌倉の鶴ヶ丘八幡宮。

 

七五三のときだったような・・・。

 

両親かおじいちゃんに手を引っ張られながら

 

鳥居をくぐり、歩いていると

 

なんともいえない音に包み込まれ

 

目の前が真っ白な光の世界になりました。

 

たしか、神楽殿あたりだったんじゃないかしら。

 

 

ちょっと怖かったけど懐かしい

 

身内の繋いでくれた手がただただ

 

現実の世界と繋がっている命綱だとすら感じたくらい

 

真っ白な世界にすっぽり入ってしまっていました。

 

 

雅楽の演奏だと知ったのは

 

あとのことだけど

 

 

その世界は

 

幼い私が

 

すでに知っている

 

懐かしい世界でした。

 

 

 

そして大人になっても

 

ときどきその感覚は思い出されるのだけど

 

ただ、子どもゆえの幻想と、想い出として

 

とらえていました。

 

 

でもね、あの感覚は

 

今、

 

私が舞台で踊っている時の感覚です。

 

音と、光の世界。

 

その世界は、なぜかしら?

 

今も懐かしいです。

 

 

その世界を楽しんだ後は

 

心も体もリフレッシュしてます。

 

再び生まれ変わったような・・・そんな感じ。

 

 

現実の世界には

 

時の流れと共に朽ち果ててゆくような

 

1+1=2にしかならないような

 

世界だけが

 

あるわけじゃないのよね。

 

 

時間が遡ってしまうような

 

1+1=3とか4とか5とかになっちゃうような

 

マジカルな世界があるのよね。

 

それが、舞台空間には確実に作れるんだと感じてます。

 

 

その非日常の世界は

 

音と、光と、空間さえあれば

 

体感ができるのだと

 

私は感じているのだけど。

 

 

まだまだ、

 

人に共有していただけるだけの

 

力が足りないなって

 

感じてます。。。。

 

 

久しぶりに鶴ヶ岡八幡宮、お参りしてこようかな・・・。

△Top

2010年12月09日

あまだれの道のり

新大久保ジェントルメン、

ほんとに楽しいセッションでした。

素敵なミュージシャンのみなさまの

容赦なくステキな演奏と共に

ダンスさせていただけるのは

とても嬉しいし、本当にありがたいです。


巻上さんとも初セッションさせていただき

光栄でしたが、

私はほんとにミュージシャンの方々のことを

知らなくて、きちんとお話ができなくて、

恥ずかしいなあ、

と思いました。。

音楽にかかわらずですが、

もっと見聞広めて深めてゆきたいです。


少しずつだけど

なりたい自分になれてきて

やりたいことができるようになる。

踊りたい踊りに近づけてる。


嬉しいけど

でも結局、

地道で地味〜な自分鍛錬の毎日は

全然、変わりません。。

というか、お山が増える一方です。


山登ってみたら、

目の前にはまた山、山、山。。。

て感じですが、

あわてず、あせらず、

でもよい塩梅でね、

山登りの道のりを楽しみつつ、

未熟なまま円熟してゆけたら、

しあわせだなと思います。

ひとまず、

夕飯たべたらとても眠いです。。。


△Top

2010年12月05日

12/8(水) Another world of ヒカシュー 6、青山Cay

昨夜は、とあるパーティにて、

生演奏とダンスのパフォーマンスをさせていただきました。 

 

ダンスや音楽はあまりご鑑賞したことのないような方々に

楽しんでいただけるような選曲にしたり、

踊り方も「見やすく」変えてみたりと

ここ暫く取り組んでいたのですが、

準備期間からとっても楽しくって、とっても新鮮なひと時でした。

お招きいただきまして、本当にありがとうございました^^



そして、私が大好きなミュージシャンの方々にも

ご参加していただくことになり、

本当に楽しいイベントとなりました。

心から、感謝です☆



ライブ音楽と深く関わりながらの創作活動、

最近はすごく手ごたえを感じています。


昨日も感じたのですが

ダンスでは「間」として大切にしているものは、

ミュージシャンにとっては「グルーブ」なんだなと。

 

これまた、以前、深町純さんに

「ミュージシャンは「グルーブ」を大切にしているんだよ」

と指摘されたことだったんだけどね。

この先も「グルーブ」を感じ、慈しんで踊ってゆきたいです。



音楽とダンス

まったく違う言葉を話しているくらいの違いがあるフィールドだけど

言葉のない舞台に立つと

結局、追い求めていることは同じなんだなって感じます。

だから言葉でどうこう説明するのも

時間がかかっちゃって、まどろっこしいくらいに感じます。

 

グルーブや間が生まれた

その瞬間に

互いに何か大切なことが通じ合ってしまえる。



そんな深くて豊かな世界が、

今ようやく

私の目の前にも

開かれたような気がしています。

この先が楽しみです♪




ということで

ながくなっちゃいましたが・・・

ご案内です。

今週はコチラです。

 

ご来場心よりお待ちしてます!

12/8(水)
Another world of ヒカシュー 6

新大久保ジェントルメン(梅津和時、清水一登、四家卯大、佐藤正治)

ゲスト:巻上公一 ゲスト:岡佐和香〕


会場 : EATS and MEETS Cay/表参道スパイラルホールB1F


http://www.spiral.co.jp/f_guide/cay/index.html
 
時間:OPEN 19:00 START 20:00
料金:前売 ¥3,500 当日¥4,000
席種:自由席or立見
ご予約:Cay 03-3498-5790(平日12:00~21:00)
お問い合わせ:Cay 03-3498-5790(平日12:00~21:00)

△Top

2011年01月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

Photo Log

笑う

Creative Commons License
このサイトは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.

当サイト掲載内容の転載は二次使用も含め、事前にお知らせ下さい。リンクをして頂く際にもご連絡をお願いします。

Copyright (c) 2007
Sawaka Oka
All Rights Reserved.