News Blog Profile Works Photo Movie SouVenir Contact

« 2011年05月 | メイン | 2011年07月 »

2011年06月 アーカイブ

2011年06月30日

★HUNT★ THE ☆FIRE☆

7月の出演ご案内です。

☆16日(土)は
定期即興ライブ「楽しいの◎んだふる」です。
ゲストに藤田能理子さん、坂出雅海さんをお招きの19回目。



最初からの

きまりごとで


毎回毎回、

打ち合わせなし、

リハーサルなしですが、

なにも見えない世界で

手探りを

重ねるごとに、

目には見えない繋がりが

ふんわりふっくら

しだしてきているように感じます。



私には

深い海の底にもぐっていくような感じ。

初めての頃は、

その世界は冷たく

果てることのない漆黒のような闇に感じて

孤独を感じたのだけどね。


今はその暗がりは

とても温かいです。

目には見えないキラキラしたものたちが

息をひそめて

隠れていてくれて、

私たちに

見つけられたり

私たちが

トラップに引っかかるのを

どきどきワクワクしながら

待ち構えてくれてるような

感じがします。


そのワクワクな至福を

共に遊べる仲間がいて

その豊穣を

共に楽しんでくれる方々がいる

その瞬間は

とても新しくて

とても古いように

感じます。


きっと人が人として

大地にしっかりと足をつけて

歩き出し

道具を見出し

火を起し

肩を寄せ合い

恩恵を楽しみあった

その瞬間から

人の心にともされた

炎の記憶が

私たちにも宿っているからかもしれない。



今回もいつものように、何が起きるか楽しみです。



ダンス+音楽「たのしいの◎んだふる」7月号(19回目)

7月16
日(土
14:30〜16:30(OPEN 14:00)ど

★出
演:
ホスト:岡佐和香(舞踏、他) + 清水一登 (ピアノ、他)
ゲスト:藤田能理子(ダンス) + 坂出雅海 (ベース)



★会場:
OrganJazz倶楽部(沼袋)
TEL: 03-3388-2040 中野区沼袋1−34−4 B1F
http://www.organjazzclub.org/

★場所:
高田馬場駅から西武新宿線8分、沼袋駅北口より徒歩数分。
西武新宿線高田馬場より各駅停車利用4つ目→沼袋駅北口より徒歩20秒 距離100m
改札より右後方、花屋さんを左に見て道を進み焼肉「牛繁」のビル地下1階
JR中野駅より徒歩20分程度

★料金:
ドリンク(400円〜) + チャージ(おひねり)

★主催:
POSEIDON、e-mail:
yoyaku@poseidon.jp

△Top

BODY

命のために

舞い降りる

舞い降りる
...
舞い降りる

雨のつぶつぶを

あつめて

あつめて

あつめて

海まで届けるコトが

できるかどうか…

細やかに

柔らかに

雫たちを

受け入れて

大きな流れを生みだせる

懐のような大地に

なりたいです。

△Top

2011年06月25日

☆怪獣の懐柔タイム☆

「今週、成功をおさめるコツは、時の流れを超越したものを上手に、賢く扱うことです。」

 

ジョナサン・ケイナーの占いですけどね。

 

「時の流れを超越したもの」

 

とても憧れます。

 

 

激しく踊りながら捜し求めてきたものかもしれない。。。

 

 

 

先週は不思議な出会いがありました。

 

 

私はいつもどこかで

 

謎なルーツを気にかけて生きているんだけど

 

 

すっかり忘れてしまって

 

別のことに没頭していると

 

ふっとそのルーツの断片から

 

近寄ってくる。

 

 

思いもしないタイミングに

 

舞い込んでくるから

 

驚くけども

 

そのタイミングは

 

1年前でも5年前でもなく

 

今でなければ

 

気づいたり、認識することもなかったであろう

 

絶妙なタイミング。

 

 

そして道なき道を進んでいるほどに

 

遭遇する

 

道しるべのような

 

タイミング。

 

 

誰か私の成長を見届けて

 

そのタイミングを見はからってるのかしら。

 

どうも、私って

 

自由に生きているようでいて

 

遠隔操作されてる存在な気分。。

 

 

 

だからかもしれない。

 

どんなに大変な状況でも

 

頑なになることを諦めた瞬間

 

なんだか楽しいなって気持ちがこみ上げてきます。

 

 

その絶妙なタイミングは

 

目には見えない超越した存在があると

 

私が外に向かって心を開いた瞬間に

 

起こることに感じられます。

 

 

生きるって、ほんと、不思議・・・・。

 

 

さて、明日は、人との出会いやご縁からお誘いいただいた

 

初めてのパーティに参加します。

 

「おもてなしパーティ」というものだそうです。

 

新しい世界に踏み出すこと。

 

新しい出会いを受け入れること。

 

先入観を消してしまってね。

 

ピュアな気持ちですべてを受け入れること。

 

これって、人と楽しく生きるうえで

 

とっても大切だなって思います。

 

私のような、闘って生きてきちゃった人には特にね・・・。

 

 

625日(土)1830〜 恒例の「おもてなしサロン」を開催します! もしお時間が有る方は、神永ナオミ(ファンワークス社代表)のおもてなし料理(7品位)とビール・サワー(飲み放題)ワイン、そして、新しい仲間との語らいの場に遊びに来て下さい。
是非、お友達も誘って来てくれると、友達の輪が広がります!!
参加費:男性4000円、女性3000
場所:弊社乃木坂サロン(住所:赤坂8-12-25 ミルーム乃木坂408) 
千代田線乃木坂駅1番出口徒歩3分 大江戸線六本木駅徒歩7

連絡先:shima@fun-works.asia

 

 

△Top

2011年06月19日

☆言霊マップ☆

舞踏家・岡 佐和香のブログ

 

子どもの頃、こんな文字を作って

 

「さわか」と書いて大切にその紙を持っていたことがあります。

 

「さ」「わ」「か」という音からイメージされる形を

 

デザインにしなおして、配列するってなんか面白いなって

 

時々眺めて、楽しんでいた記憶があります。

 

私の名前があること

 

私の名前が文字として表現されること

 

私の名前が音として表現されること

 

私の名前がこの世界に響いてゆくこと

 

それはなんだかうれしい、ありがたいことだと

 

感じていたように記憶しています。

 

 

そして、友達にも見せたら

 

私も作ってほしいといわれたから、そのつもりでいたのに

 

忘れてしまっていたことにも今気付きました・・・・。

 

 

 

舞踏家・岡 佐和香のブログ

これ今見直していてきづいたことです。


 

あ、い、う、え、お・・、


 

一つ一つが


 

空間に配置されるべき正確なマップみたいな、


 

一つ一つが生まれ出てくる自分の中の理想的な発信場所を示されているような、


 

そんな気がしてきました。


 


 


 

言霊をきちんと乗せて発するために、


 

昔の人は「あ、い、う、え、お・・・・」


 

一つ一つの音の理想的な発信の仕方を大切にしてたりしないかな、と。


 

思い込みかもですけどね。。。。


 

でも、今これを見ていて、


 

自分や人に向けてだけでなく、


 

この世界に対しても言葉を発しているんだっていう


 

意識の広さ、高さ、豊かさが、


 

遊び心と共にある人にもっとなりたいなって、


 

感じました。


 


 



うまく説明できないんだけどね。


 

子どものそうだった、無邪気な遊び心、


 

もっともっと蘇らせたり、膨らましたりしたいなって、感じています。


 

わくわくしますsei

△Top

2011年06月12日

☆氷山の一角で☆

前に進んでいるようで、


裏では失敗の連続のほうが多い。


人前に見える部分は、


結局氷山の一角でしかないんですよね。


でも、


そんな一角でこそ、


笑顔で明るく振舞うことで


自分自身も救われるし、


どこかで誰かが見ていてくれている。




失敗に怖気ない人が

結局前に進める人。




ひとやま越えてみて、


改めて、そんな風に感じています。




今回も、たくさんの課題が山積みになりました。



一つ一つ


丁寧に見つめなおして


次のステップを踏みしめてゆきます。



△Top

2011年06月11日

ありがとうございました ☆LIVE赤薔裸☆ 満員御礼

LIIVE赤薔裸、無事終了です!


雨の中、お越しいただきましたお客様に本当に感謝です。


久しぶりにお会いした方、本当にお忙しいにもかかわらず、お越しくださった方、初めての方、


終わった後の皆さんの満足そうな笑顔に、


とてもとても嬉しくなりました。



そして


梅津和時さん、丹波博幸さん、清水一登さん、佐藤芳明さんといった


本当に本当に素敵な皆様のセクシーでド迫力な演奏に、心から感謝です。



そして


急遽映像参加をしていただきました赤羽芳昭さんにも。



そして


Cayの山本さん、店長の森川さん、そのほかのスタッフの皆様にも。




そしてそして、


5日間の稽古にも関わらず、


とても素敵なダンスを開花してくれた平手舞ちゃんにもね。


稽古は本当に厳しかったから、舞ちゃんがくじけないか、心配でもありました。


でも、真剣に、必死に耐えて自分と向き合う彼女の姿、とても美しいなあと思ったし


やっぱり舞台でしっかりと花開いてくれたから、信じあえてよかったなって思いました。


舞踏の素晴らしさを改めて感じたひと時でもありました。


マイマイ、本当にありがとう。



赤薔裸のスタイルで舞台がやりたいと思ったのは、私が10代の頃です。


10代後半、何がやりたいんだかわからない時期のことでしたが


今で寝そべりながらたまたま見てしまった


ピアソラの楽団+ミルバの舞台をNHKの番組に釘付けになり、


これがやりたい!


っていうか、こんなことを私なりに作り上げてみたい


と思ったのが最初です。



なので、今回は私が大好きなピアソラの音楽を


無理を言ってミュージシャンの皆様に演奏していただいたのですが


私のわがままをしっかりと受け止めていだけて、


頭が下がる思いで一杯です。


できるならば、私もお客さんとして、ちゃんと聴きたかったな・・・。って正直思ってます。




ここに至るまで10年以上の月日がたちました。


とっても長かったですが、、まだスタートしたばかり。


この先に、本当にワクワクしてます。


やりたいことが、いっぱいあります。


もっともっと楽しく面白い、エンターテイメント性ある「赤裸々」ワールドを


舞台から、お届けしたいです。




まずは、このたび関わっていただいた皆様に


心から、ありがとうございましたスマイルありがと







△Top

2011年06月06日

未熟な薔裸

今回の赤薔裸のダンスがようやく完成です。
 
これまで、即興の人として活動してきましたが、
 
今回は覆したいと思います。
 

自分を深くえぐりだすには、
 
正直、即興は向いてません。
 

「赤裸々に伝えたい」
 
そんな思いから
 
勢いで立ち上げたプロジェクトですが、
 
1年の月日がたち、
 
外に向かってのコンセプトが、
 
私の内面をもっと深く深く抉り出さなければ
 
到達し得ないことに
 
気付きました。
 

時間が足りません。
 
体力も足りない・・・。
 
今は精一杯のことをやって
 
次のステップに向かって
 
フロアーに立つのみです。
 
 

△Top

2011年06月04日

赤薔裸カクテル中。。


今日は、赤薔裸ライブ、会場のCayにて打ち合わせでした。

 

今回映画を撮っていただいた赤羽芳昭さんも参戦です。

 

ミュージシャンの皆様とのコラボをしていただきます!

 

なんと、Cay特製、赤薔裸カクテルも作っていただけるとのことで、

 

すーごーい楽しみになってきました。

ダンスがんばんなきゃ(; ̄ェ ̄)


お食事もとても美味しいので、

 

5感+α+π?

 

存分に楽しんでいただける一夜になるよう、追い込みがんばります

薔薇ヾ(@⌒ー⌒@)ノ薔薇

△Top

2011年07月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

Photo Log

Creative Commons License
このサイトは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.

当サイト掲載内容の転載は二次使用も含め、事前にお知らせ下さい。リンクをして頂く際にもご連絡をお願いします。

Copyright (c) 2007
Sawaka Oka
All Rights Reserved.