News Blog Profile Works Photo Movie SouVenir Contact

« 2011年07月 | メイン | 2011年09月 »

2011年08月 アーカイブ

2011年08月22日

robot☆らぶ

今日はスベニメンバー(SouVenirメンバー)全員そろっての初稽古でした。

今回は新しく入った女優さんたちがいらっしゃいます。

白須慶子さん、紗久真弓さん。

 

お二人とも、ダンスは初、もしくはあまり経験がない方々。

そういう方々にも、堂々と舞台に立っていただいて、美しく力強く舞っていただきたいなって

強く思う次第です。

 

でも、なんでだろうなーって今日も稽古帰りに思ったのだけど

以前、私の先生の一人でもある

大野慶人先生からこんなお話しを聞かされました。

 

舞踏の斬新さについてですが。

 

「土方さんは、スリップ姿のボクサーを舞台に上げたんです。」

 

日本、いや、世界初の演出。

そのボクサーの肉体から発する、硬直した恥じらいが素晴らしかったと

おっしゃっていた記憶があります。

私にとっては

舞踏家となって幸いあることって、

懐を広くして舞台をいかようにも作れる自由があることかもしれない。

 

でもね、

彼女たちは

肉体訓練ができてるわけじゃない。

ボクサーみたいに・・・。

 

うーん

どうしたら、素晴らしい舞台として

彼女たちに生き生きと踊っていただけるのか・・・・

 

と悩みながら(うたたねしながら)

地下鉄を乗りついて向かった先は

こちらでした。

 

「ROBOT JAPAN 2nd」

http://robotjapan.jp

 

ロボット(ラジコン操作)たちが格闘をし、舞っている姿に、目が釘付けでした。

 

とくにね、踊っているということがね。

 

カメラ小僧に一変し、すべて撮影してしまいました。

筋肉もないし、無機質なロボットを

素敵に可愛らしくダンスさせてしまう

しかも衣装も着させちゃってる

ふにゃんにゃな、ガムのCMダンスや

なかにはシルク・ド・ソレイユ張りのパフォーマンスもありました。

ロボット以前に

集う方々の意欲と創意工夫とガッツに

とっつても刺激を受けました。

 

人間のように

優美に動くことが本来できないロボットを

そこをなんとかして

人間のように

踊らせたいとの思いと共に

 

ロボットへの

目には見えない

深い愛情が

ダンスを通して

ぬくぬくと感じられました。

 

あーそっか、そうだよね、そうなんだよね、そうだったんだよね。

 

と思った素敵な舞台でした。

 

そして今回のピンクリボン舞台では、

ロボットも登場していただくことになりましたが、

その経緯もなんとも不思議なご縁でして・・・。

 

脚本書いている最初からテディベアロボットが登場してしまっていて

自分でもなんでなのか、どうしたらいいもんか困っていたのだけど

なんとかしたいと思っていたらお会いしたのがROBOT JAPAN主催の

マゼル・ジャパン、小熊さんでした。

 

そう、お名前からして小さな熊さんなのです!!!!!

 

ちょいどきりとしましたが、

 

でもそもそも御紹介いただいた理由は別にあって

今回の本堂での舞台をするのであれば、

何か相談にのっていただけるのではと

築地本願寺敷地内にあるブディストホールの方を運営されている小熊さんを

知り合いが御紹介してくださり

ご相談しに伺ったところ、

事務所にあるロボットに目が留まり

ご相談話が脱線してロボットについて質問しているうちに

意気投合して

本公演にロボットにてご参加いただくことになったという運びです。

 

あーあー長文になっちゃった・・・・。

これから準備に再び戻ります・・・

 

本公演ではテディベアロボットの操作をお願いしているのと

同日開催でこんなことを企画されます。

 

『ロボット寄席ーロボットが落語をしますー』

会場:築地本願寺ブディストホール

開演時間:15:00〜(開場時間:14:30)/ 入場料:1500円

ご予約・お問い合わせ:03-6278-0211(マゼル・ジャパン)

△Top

作文中。。。

プレスリリース用の文章作成中です・・・。

200字以内にしなくては。。

まだ500字以上あります。

悩んで眠ってしまいそうなので、途中経過をのせてしまいまする・・・。

でも、削れば削るほど

見えてくるものがあります。

見ようとしなければ

しっかり見えないもの。

この世界にはたくさんありますねん。

『はじめまして。舞踏家の岡佐和香を申します。

10月1日、2日、「うたまい☆ピンクリボン祭2011 〜震災チャリティ in 築地本願寺」を開催いたします。

会場では女性アーティストによる舞台公演、ファッションショー、トーク、手作り市を開催いたします。

 

メインイベントに、創作舞台「遊人存/ゆにぞん」を発表いたします。

「身体表現、音楽、映像」を融合させた、「オペラ的な舞台」です。

舞台を通して、「目には見えない」存在と共に生きる道を探ってゆきます。

 

昨年、ピンクリボン・キャンペーンin熊野本宮大社に参加させて頂きました。

乳癌は、「目には見えない」けれども、私たちの体にある、「死」をもたらす存在。

ガンと向き合い、明日を前向きに「生きる」女性たちの姿に、奮い立たされました。

少しでも今の状況を変えたい。 一人でも多くの女性が 諦めずに人生を謳歌できるよう。

そのために一つの舞台を作りたいと思いました。

 

震災を経た今、より一層、

私たち女性がもっと笑顔で美しく生きようとすることが

大切だと感じております。

日本の未来のためにも。

 

女性の表現者達による身体表現を通して

多くの来場していただいたお客様との感性の交歓の場を作りあげたく思っております。

多く女性達が集い発するエネルギーを感じとっていただけたら幸いです。

 

ご来場、心よりお待ちしております。 』

△Top

2011年08月18日

☆うたまい☆ピンクリボン祭☆メンバー飲み会

昨日はうたまい☆ピンクリボン祭の主要メンバー、スーヴェニールメンバーとの飲み会でした。


スベニメンバー、平手舞ちゃん、宮保恵さん、井野美瑞希さん。

制作のますこさん、映像参加いただく遠藤監督、そしてわたくしです。。

 
 
わたし、完全できあがってますね。。
 
昨日は帰りに最寄り駅で眠りながら歩いてたらしく、角を曲がったつもりが壁にぶち当たって、目が覚めました。。

 
 
実現にむけて一緒にすすんでもらえる仲間がいることは、本当にありがたいです。
 
皆が忙しい時間を縫って、この舞台のために力を注いでくれているということは、本当にありがたいことです。

皆にまず、感謝です。


そして、今回のイベントでは、私たちの舞台に加えて、ファッションショー、トークンショーも開催いたします。
 
 
たくさんの方々にお力添えをいただき、本当に感謝してます。
 
本番までの間にできる限り、ブログにてご紹介させていただきます。
 
 
 
詳細はこちらまで☆
 

チケット販売は8月下旬を予定してますが、先行予約も承ります。
 
こちらのメールまで☆
 

△Top

2011年08月13日

☆試練と出会い☆

「試練のときこそ自分の“内なる声”に耳を傾けるチャンスだと思います」

 

これは私が今回のイベント開催のために走り回っている中で

 

お会いさせていただいた、

 

ベンチャーの母、

 

ダイヤルサービス株式会社今野由梨さんの言葉です。

 

 

 

イベントが出来ないかもしれない、

 

そんな状況でお彼女にお会いしたこと

 

本当に有難いことだと感じています。

 

震災後の今、あえてピンクリボンイベントを打ち立てる必要があるのか、

 

それは周囲の暗黙の意見としてもひしひしと感じられました。

 

 

 

でも、ピンクリボンをきっかけに、広く女性が集い、

 

助け合える場としてのアート空間が作りたい

 

という思いは、震災後更に募りました。

 


そんな思いを抱えて、たくさんの方々にご相談に回る中、

 

一人、また一人と、ご協力いただける方が名乗りをあげてくださった、

 

そんな状況で今回のイベントは進んでいます。


心から感謝いたします。

 

 

ということで、今回のイベントの趣旨は「ピンクリボン」です。

 

そして「震災支援」でもあります。

 

会場では募金箱も設置させていただきます。


 

今回はたくさんの方々のご協力の下支えあって、

 

アートや芸能の枠を飛び越えて開催されます。

 

ひとつの「文化事業」を打ち立てるということになります。


 

そのホストとして私や私のユニットの「SouVenir」メンバーは一丸となって

 

表現活動を行わせていただきたいと思います。

 

 

 

今回は、新橋ライオンズクラブさん、ダイアルサービス株式会社さんにも

 

ご協力いただくことになりました。

 

このイベントの趣旨「乳癌啓発」をバックアップしていただきます。

 

 

当日会場受付周辺にて、

 

ライオンズさんには、乳癌啓発のためのチラシ等を配布いただく予定です。

 

ダイヤル・サービスさんには、電話による窓口サービスも提供していただき、

 

お越しになるお客様をしっかりバックアップしていただける予定です。


 

 

なにか人のためになることをやろうとするときって、

 

結局自分が人から力を頂かないとです。

 

持ちつ持たれつの関係を作り上げることによって

 

はじめて、自分ひとりではできない、世の中に役立つことが

 

できるのだと、私自身が理解しつつあります。

 

 

そんな状況下、たくさんの出演者の方々にも恵まれ、

 

新しい一つの舞台を作らせていただけること、

 

心から感謝いたします。

 

 

本来ならばお一人お一人ご紹介したいのですが・・・・。

 

残り2ヶ月きってしまってます!!!

 

創作に全力疾走いたします!

△Top

☆告知☆ うたまい☆ピンクリボン祭 2011 

ようやくです!


皆様にご案内できる形になりました。


10月1日、2日、築地本願寺さんの全面協力を頂き、


「うたまい☆ピンクリボン祭」を開催します。


詳細はこちらをごらんくださいませ☆


http://utamaipinkribbon.tokyo-hp.com/


震災後、8月に予定していた某会場から自粛の申請をうけ、


スタッフも資金も含めすべて流れてしまいました。


それでも周囲の励ましやご協力を頂き、


実現に向けて形を整えることができました。


ここまでの皆様の温かいサポートに、心から感謝いたします!



ピンクリボン、震災支援の枠を超えて、


女性による、女性のためのエナジーチャージなアートフェスティバルにしたいです。




もうほうん〜と〜うに


づくめの舞台です


ドキドキドキドキ水着ドキドキドキドキ


たぶん70名くらい、女性大集合です。



殿方も大歓迎です〜(舞台ご出演はNGですうさぎ



詳細につきましては、改めてご案内ということで、


まずはファーストインパクトでした☆



ついでに、、このHP自分で作りました。。。


予算がないのでデザイナーさんにお願いが出来なかったというのが哀しい現状です。

全然可愛くないんですいませんです、叫び


もし、我こそは!という有志の方がいらっしゃいましたら、


ぜひウェブサイト管理に、お力いただけましたらうれしいです。

ご志願心よりお待ちしています!

△Top

2011年08月03日

いきはじ

このところ、ご飯を食べるの忘れちゃうくらい、舞台づくりに没頭してます。


でも色々うんうん考え込んでるはずが、気付いたら眠ってる自分にハッときづいちゃったりします。。。




自分に色々な足かせをじゃらじゃらつけて、


歩いてるような気分ですが、こんなにじゃらじゃらつけちゃって・・・


と、ちょっと心弱くもなりながら、歩いてると、


もっとすごいじゃらじゃらをつけて突っ走っている方に巡り合ってしまい、


私ってまだまだだーと思います。




最近お会いした、本当に素晴らしい女性が大切にしている言葉が胸に響きました。


「生き恥をさらせ」という言葉です。


その方は、生死を彷徨い生き延びることができたゆえに人のために仕事をされていると知りましたが、


その方にとって「人のために生きる」ことと、「生き恥をさらす」ということが、同じライン上にあることに、


なんだかすごい衝撃をうけてます。



舞踏でも、恥をさらすくらい、大胆に自分を露呈することがときに求められるけど、


それは「人のために」という意識ではないです。


結局「自分のため」であるような気がする。



でもね、大野一雄先生は明らかに「生き恥をさらす」くらい表現をされて、


かつ人の魂までも救ってしまうほどの表現力があったと思います。




わたし、今、舞台づくりに苦しみ悩みながら、


なんだかすごく大切なことを学ばされている気がします。



前にすすむしか、ないです。。。

△Top

2011年09月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

Photo Log

Creative Commons License
このサイトは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.

当サイト掲載内容の転載は二次使用も含め、事前にお知らせ下さい。リンクをして頂く際にもご連絡をお願いします。

Copyright (c) 2007
Sawaka Oka
All Rights Reserved.