News Blog Profile Works Photo Movie SouVenir Contact

« 2012年02月 | メイン | 2012年04月 »

2012年03月 アーカイブ

2012年03月31日

自然の心、和の心

庭の椿が咲きそうです。

来週の民謡ライブでは、「大島あんこ節」もご披露させて頂きます。


今回は平手舞ちゃんと二人で「あんこ」さんやります。


衣装は洋な感じにイメチェンします☆

そして、渡邊香澄さんのお箏での演奏になります!


とっても柔らかく、素敵な「あんこ節」です。



昨日の朝、早朝稽古をしたあとに家に戻り、テレビをつけました。


そしたら、日本の音楽について説明してました。



日本の音は、かすれ、ゆらぎといった不規則な自然の音を模しているのだそうです。



田畑を耕し、海や森の恩恵を受けて生きてきた


自然に囲まれ寄り添い生きてきた日本人が


時に想定外も引き起こしてしまう


「自然」によって人が生かされてるんだ、


「自然」に近づきたい、


との思いから


発生していったのが日本の音なのだそうです。



風の音、鳥の声、虫の声、海や川の流れ、滝の音・・


そういった自然の音に近づいていこうとした日本人は


自然を理解したい、調和したい、良い関係性であり続けたいと


願っていたのかもしれません。


そんな日本の心を


私も大切にして生きてゆきたいなと思います。



まずは、今日のお稽古から新たな一歩を進んでみますパンさん/歩く



△Top

2012年03月25日

うまれたての心もち

最近よくない癖がついてしまいました・・・

深夜のうたた寝です。

うつらうつらしていると、

の奥底にしまいこんだ何ものかに触れるような心地よさがあります

体には悪いかもですが。


土曜の夜は、赤薔裸の打ち合わせでした。

まずは映像から作ろうということで、今私がなにをしたいのかということを紙に棚卸ししてみました。

前々からずっとやりたかったことがずるずると芋ずる式にでてきましたが、

実現の道のりは、ちょっと長いかもしれません。

でも、その道には、柔らかい光が照らしているように私には感じられてワクワクしています。


そして、うちあわせの後は、私の書の先生でもある福田祥洲先生と、息子さんの匠吾さんの書展に伺いました。

書から発せられる瑞々しさ、柔らかさに、世代を超えたお二人の芽生えの季節を感じました。


そして、先生たちとおいしいお酒と会話を楽しんだあとに、家に戻り、ほろ酔い気分でうたた寝していたら、

以前、舞踏の師匠から言われた言葉を思いました。

「お前は人間以前だ」

走りたての私が、どストレートにその言葉を言われたことに

感謝しなくてはいけないなと改めて感じます。


表現する醍醐味って、何だろうって思いますが、

人が本当の意味で「オギャー」と人間として生まれ続けることなのかもしれません。

「天上天下唯我独尊」

という言葉を

「生まれたての「オギャー」と泣き叫ぶ赤ちゃん」

というような説明をしていた神話学者のJキャンベルの文章を読んだことがありますが、

そんな域に達するには、殻をすりつぶしてすりつぶして、

弾けるような命の力をさらけ出し続けるしか道がないのか〜、

と感じるばかりです。



そして今日は月蝕歌劇団の公演に伺いました。

ダンスが満載の公演で楽しませていただきました。

昨年のピンクリボン&震災チャリティイベントでの公演「遊人存」に参加していただいた

倉敷あみちゃんが主演で出られていましたが

華奢な体のどこからその力はでてくるんだと驚くほどエネルギッシュでした。

彼女のキラキラした表情から、改めて色々なことを学ばされました。

あみちゃん、ありがとうデス☆


そして、今日から民謡ライブの振付スタートです。

まずは平手舞ちゃんの新パートを作りました。

今まで以上に私たちらしい和の踊りができたらいいなーと思います。

今思うこと、感じてることを踊りに練りこみ形にしていくプロセスって、

かけがえのないひとときです。



生まれたての赤ちゃんみたいな心もちで

ふんぎゃふんぎゃいいながら

おばあちゃんになっても創作を続けていけたら、

本当に嬉しいなと思います。

△Top

2012年03月09日

心立ち

先週の土曜日のライブにて、すでに疲労が溜まっていた上に残りのエネルギーを燃やしてしまったため、


今週頭は機能ダウンしていましたが、筋を痛めた足をひきずり外に出てみたら


新たな出会いがあり、新たなエネルギーをチャージさせていただけました。


私は魂をすり減らすような思いでいつも踊っていて、終わると身体機能がダウンするので、


いつもあーやっちゃったなんて馬鹿なんだろう、と思います。


が、そのたびに、日を改めて新鮮な出会いとともに


新鮮なエネルギーが満タンになるような出来事が起こるように感じてます。


魂の交流って、一瞬一瞬、命を燃やすようなくらいでないと起きないから、真剣勝負です。


それに恐れられてしまう方もいるし、


恐れられると、赤鬼、青鬼の童話に出てくる赤鬼さんになった気分になります。


自分の激しい気性は出し続けるしか成長のすべが無いから、


もっと優しくなりたいのにと途方にくれつつも致し方ないと痛く感じます。


でも何か素敵なことが起こることを信じて、恐れずに歩むことが大事なんだなと、


日々の出会いから学ばせていただいてます。出会いに心から感謝します。


今日は、「赤薔裸」と「踊って民謡」、ここ2年自分で立ち上げ続けてきたライブを

今年はひとまず、もっと成熟した形にしたいな〜と思い、


過去のライブの写真をまとめています。



昨日もふと自己紹介代わりに赤薔裸のポストカードを差し上げたのですが、


すごく喜んでくださって、嬉しく思いました。


また、他の知人からも映像が見たいとお声掛けもいただきました。



自分が作るものって、どうしても客観視が難しくて、


冷静に見られるまで距離をおくことを心がけているのですが、


改めて、時が立つことの大切さを改めて感じています。



ということでただ今写真を見直してるのですが、


今度は写真がたくさんありすぎて、途方にくれてます・・・。


写真家さんの腕前が素敵です。


一枚一枚に演者、撮り手、お客様の思いが入っているので、


バチバチ火の粉を感じ、むせてしまいました。



立ち往生していますが、ここはきちんと感じながらもバッサリ切り捨てながら、


前に進みます。まるで生け花をしている心境です。


ピックアップしたものは近日中に


自分のと赤薔裸のブログに公開させていただきます。


そして次の舞台に向けて突っ走ります〜


△Top

2012年03月03日

LUNCH♪TIMEライブ 踊って★民謡♪?☆

民謡の木津茂理さんとのライブ、今回で4回目、4月8日、日曜のランチタイムに行います。
お食事とともに素敵な民謡を、創作ダンスで楽しんでいただけましたら幸いです。

生の民謡は初めてという方に・・・、ぜひ日本人魂溢れる民謡波動砲を浴びていただきたいです〜。
桜咲く4月第1週の日曜、目黒川近辺のお花見も兼ねて代官山にぜひ。ご来場心よりお待ちしてます!
...

LUNCH♪TIMEライブ
踊って★民謡♪?☆

【日時】4月8日(日) 12:30p.m〜14:30p.m
(Open 11:30、Close 15 :00)

【会場】代官山 山羊に、聞く? http://yagiii.com/ 
    代官山駅から徒歩1分
    代官山駅正面口を右斜め前に直進。右側2軒目のビルB!階    (渋谷区代官山町 20-20 モンシェリー代官山 B1F、
     �03-6809-0584)
 (Mon-Cheri Daikanyama B 1F, 20-20 Daikanyama-cho, Shibuya-ku)
    Closest stop is Daikanyama ( Tokyu Toyoko Line)

【Charge】 前売\3000、当日\3500 (with 1 Lunch plate & 1 Drink)
     ※乳幼児:入場無料、ランチ&1Dご注文の場合1500円

【ご予約&問】info@sawaka.info 080-3667-0813(SouVenir:岡) 

   


【出演】岡 佐和香 [舞踏、踊り]  木津 茂理 [太鼓、民謡] 
    平手 舞 [踊り]      渡邊 香澄 [お箏]


○◎岡 佐和香(おか さわか)○◎ [舞踏、踊り]
幼少の頃よりバレエ・モダンバレエを踊る。大野一雄との出会いから、日本発の前衛ダンス【舞踏】の世界へ。芝居、生け花から剣舞まで、様々なスタイルを融合させた独自の世界観あるダンスが好評を得ている。舞踏公演のほか、ミュージシャンとのライブパフォーマンス「踊って民謡」「赤薔裸」「楽しいの◎んだふる(完全即興)等のプロデュース、映画・ドラマの振付・出演等、多数。
また「うたまいピンクリボン祭2011〜震災チャリティin築地本願寺〜」主催、熊野本宮大社奉納(ピンクリボンイベント)、熊野高倉神社奉納(自然保護を訴える「熊野原人の会」舞姫)等、舞を通して自然や社会に貢献する活動に積極的に取組んでいる。

○◎木津 茂理(きつ しげり)○◎ [太鼓、民謡] 
幼少の頃より、民謡を木津竹嶺に師事。三味線を、本條秀太郎に師事。太鼓(鳴り物)を山田鶴喜美に師事。
「つるとかめ」でのライブやコンサート、自身のソロライブを始め、2004年アテネオリンピック、シンクロナイズドスイミング
音楽「阿波おどり」2005年愛、地球博「テーマソング」、上海万博日本パビリオンでの演奏等、様々なステージで活動。また、「民謡」の世界だけに留まらず、こぶしのきたスタンダードジャズやイタリア歌曲なども唄い、独持の茂理ワールドで好評を得ている。

○◎平手 舞(ひらて まい)○◎ [踊り]
モデルを経て萩本欽一に出会いタレント・女優として活動。2009年まで欽ちゃん劇団にて、萩本欽一の公演(明治座)等の舞台や、『けものみち(テレ朝)』、『華麗なるスパイ(NTV)』等のドラマに出演。また岡主宰のダンスユニットSouVenirのコアメンバーとして国内外の舞台に出演。息の長い女優を目指し、様々なフィールドで活動している。


○◎渡邊香澄(わたなべ かすみ)○◎ [お箏]
4歳より箏を大畠博子氏、大畠菜穂子氏に師事。東京藝術大学音楽学部邦楽科 箏曲生田流専攻卒業。
文化庁新進芸術家国内研修制度の研修生として、作曲を肥後一郎氏に、二十五絃箏を野坂惠子氏に師事。
現在、ソロ活動において様々な場所での演奏を行う他、ジャンルを問わないミュージシャンとのセッション、レコーディングに参加するなど、
積極的に活動している。

△Top

変わらない場、変わるべき私

今日も無事「楽しいの◎んだふる」23回目が終わりました。



いつもと変わらず、とても楽しいひとときとなりました。








直前のご案内にも関わらず、お越しいただきましたお客様に心から感謝です。




今回は◎んだふる初のソロダンスとなり、思わず緊張しましたが



彬子さんのパワフルで透明感ある歌声に、



添光さんの和心溢れる優しいバイオリンの響き



そして清水さんのいつもながらの大らかなピアノの響き



とても心地よく、そして無我夢中で踊らせていただきました。



今日は前回出演していただいた白川麻衣子ちゃんが見に来てくれました。


麻衣子ちゃんの笑顔にとても癒されました〜



次回◎んだふるは5月17日(土)です!



そして添光さんとは、4月25日に、キッドアイラックホールにて、一緒にパフォーマンスさせていただきます。



また改めてご案内させて頂きます。







家に戻り、朝であった文章をもういちど読み直してみました。




風流、




つまり存在する美を発見するにも、




発見した美を感得するにも、




感得した美を創造とするにも、




「おのづからその場にあるものを。」




の「その場」は、




まことに大切なことで、




天の恵みと言っていいでせうし、




その場をその場と「知る」ことが出来ましたら、




美の神のたまものと言っていいでせう。」




(美の存在と発見、川端康成)




23回、3年半発ち続けてきた「その場」は



私にとっては変わらない大切な「その場」。



人と人とのご縁に恵まれた



温かいプレイグラウンドだし



相変わらず挑戦&成長しつづけたい、変わらない私に立ち戻れる場。



そして いつも来てくださる方々、新しくお会いした方々とのふれあいがあることが


どれだけ有難いことなんだろうかと


温かく感じた素敵な一日となり、本当に感謝です。




今、テレビを見ながらブログを書いていますが



ドキュメント番組で震災直後についての救助、避難活動に携わった方々のインタビューをしていました。



天が災いをもたらした「その場」は



いまだ大地と一人一人の心に傷跡を残したまま。



震災の日、



たくさんの生存者の助けの声に救いの手を差し伸べることが出来なかった救助隊の方の苦痛



危ないと叫んで、人助けた後に波に飲まれてしまった救助隊員が忘れられない住民の方の思い



放射能汚染エリアに避難させられてしまった住民の思い



一生胸を締め付けられるのであろうその方々の心の苦しみは、いかばかりかと心が痛みます。





祈ったところで大地震を食い止めることが出来ないのが自然の摂理だとしても、



このようなことが悲劇が二度と繰り返されないようにと




祈る気持ちで一杯一杯です。






そして、復興のために自分が出来ることをもう一度考え直すこと、



そして、この先起こるであろう天災で、同じような被害を私たちが被らないにはどうしたらいいのか



私自身生活を一から見直すこと、とても大切だと感じています。




時代は変わったということを、真摯に受け止めるべきですね。




先週末は、渋谷のお店で、置き引きにあいました。




現金5万、携帯、クレジットカード等々、一瞬の隙に盗まれました。



相変わらずぼんやりしていた私がいけないのですが・・・。



日本で置き引きが起こるとは驚きです。



やはり、人の心のすさみ具合は、ひどくなっていると感じます。



ひょっとしたら、盗んだ方は本当にお金が無かったということも考えられてしまう時代でもあります。



平和ボケしている私の意識、まず変えていかなくてはです。


△Top

おのづから発する

 

今日は3月最初のライブです。

 

 

 

今朝、本を開いてみたら、目に飛び込んできたのは・・・

 

 

風流、

 

つまり存在する美を発見するにも、

 

発見した美を感得するにも、

 

感得した美を創造とするにも、

 

「おのづからその場にあるものを。」

 

の「その場」は、

 

まことに大切なことで、

 

天の恵みと言っていいでせうし、

 

その場をその場と「知る」ことが出来ましたら、

 

美の神のたまものと言っていいでせう。」

 

(美の存在と発見、川端康成)

 

 

震災から1年目の3月。

 

日本という「その場」は、

 

「その場」とは、なかなか感じられないなあと思います。

 

天災と人災の爪あとが残ったままの大地は

 

花の開花が遅れ、季節遅れの雪が降り、

 

今日にも明日にもまた地震が来るかもしれない。

 

 

穏やかでない環境が取り巻くなか

 

「その場」ではなくて、「その人」から風流な輝きを放っていくことが

 

大切なのだろうなと、感じます。

 

 

でも、気張って放つというのじゃないのだと思います。

 

自然とあふれ出す「風流」にたどり着くために

 

どんな離陸をしていけばいいのかなあと

 

私の心はゆらゆら蠢き始めています。

 

そのゆらぎは、時に美しくないものだったりしますが

 

それに落ち込むことなく、謙虚に受け止めて

 

美しく解き放てる人になれるよう

 

まっすぐ前に進んで生きたいなと思います。

 

 

今回は、ゲストミュージシャン2名と清水さん、そしてダンスは私の

 

イレギュラー編成です。

 

 

ソロで長時間踊るのは久しぶりですが、

 

川上 彬子さん、添光さん、そして清水さんとともに

 

自然体で踏み進んでまいります。

 

ご来場心よりお待ちしています。

 

 

 

ダンス+音楽「たのしいの◎んだふる」3月号(23回目

3月3日(土)
 14:30〜16:30(OPEN 14:00)

★出演:
ホスト:岡佐和香(舞踏、他) + 清水一登(ピアノ、他)
ゲスト:川上 彬子(ヴォーカル) 添光(バイオリン)  
  
★会場:
OrganJazz倶楽部(沼袋)
TEL: 03-3388-2040 中野区沼袋1−34−4 B1F
http://www.organjazzclub.org/

★場所:
高田馬場駅から西武新宿線8分、沼袋駅北口より徒歩数分
西武新宿線高田馬場より各駅停車利用4つ目→沼袋駅北口より徒歩20秒 距離100m
改札より右後方、花屋さんを左に見て道を進み焼肉「牛繁」のビル地下1階
JR中野駅より徒歩20分程度

★料金:
ドリンク(400円〜) + チャージ(おひねり)

★主催:
POSEIDON、e-mail:yoyaku@poseidon.jp

△Top

2012年04月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

Photo Log

Creative Commons License
このサイトは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.

当サイト掲載内容の転載は二次使用も含め、事前にお知らせ下さい。リンクをして頂く際にもご連絡をお願いします。

Copyright (c) 2007
Sawaka Oka
All Rights Reserved.