News Blog Profile Works Photo Movie SouVenir Contact

« 2012年06月 | メイン | 2012年08月 »

2012年07月 アーカイブ

2012年07月16日

Sense of Wonder

昨日の完全即興ライブでは、


NYで感じたこと、女川で感じたこと、


そしてシアトル首長の手紙を朗読させて頂き、


九ちゃんの歌も歌わせていただきました。


自分の思いを素直に発信しまっていいのか、


インディアンの手紙を読んで、不快に思われないか、


朝はとても迷ったのだけど、思い切ってジャンプしてみたら、


お越しいただいたお客様の笑顔や瞳の緩みに、勇気すら頂いてしまいました。

平手舞ちゃんとの即興ダンスも、


これまで以上に見えない大切なものを互いに引き出せた気がします。


前日女川に一緒に行き、同じ光景を目にし、同じ空気を吸ったこともあったと思うけど、

8年?もの付き合いの中で磨かれた結晶だと思います。


長いお付き合いとなりつつある清水さん、丹波さんの演奏の賜物でもあったと思います。


NYでは大親友の2人とほんっとにたくさんのことをとりとめもなく語ったのですが、


それが私を少し変えた気がします。


二人とも日本の文化を心から愛していて、日本の情勢を心から心配していたし、


それは私を日本人とわかって


声をかけてくれたニューヨーカーたちも同じだったことに、


心が温かくなりました。

今の私には、インターネットではなく、


ライブでしか語れないライブだから伝えたいことがたくさんあります。


これまで上を見ながら一人ぼっちで歩き、


抱えることを善しとしてきてしまったことも、


これからは丁寧に人に伝えることも大切なんだと感じてます。


そんな思いを昨日は少しだけ解き放てたかなと感じてます。

ダンスとしてもっと素敵な形にしたい。


大切なことを心を込めて伝えたいと一層思えたライブとなりまして、


お越しいただいた皆様に心から感謝します。


昨日のたくさんの気づきをよりいっそう素敵に磨いて、


9月7日の赤薔裸ライブにて皆さまにご披露できるよう、


あともう少し旅をしてきます。ひとまず映像作りかな・・。


そして熊野にも旅します。


もう一皮向けた姿をお見せできるよう、頑張りたいなと思います。

この写真はすでに載せてしまってましたがもう一度。。


セントラルパークにて、何気なく収めたのだけど、ありのまま、


今進んでいる道を歩けばいいんだとジョンからメッセージを頂いた感じがします。

今日は、「赤薔裸」ロゴをなんとか書き上げます・・・。

△Top

2012年07月02日

BLUE BLOOD

7月です。夏です!
 
先週金曜はデモ行ってご飯食べてと夜歩き回ってましたが、

ちょっと寒かったからかな、体調崩しちゃいました。。

週末はNY行きの準備とフライヤー撮影準備をしなきゃだったのですが、

土曜はギュ~とお腹と頭が重たくなり、一休みしてました。

テレビつけっぱなしで寝てしまってて、はっと気づいたら、

田中正造と南方熊楠の番組でした。


真の文明は

山を荒らさず
 
川を荒らさず
村を破らず
 
人を殺さざるべし

- 田中正造


田中正造の政府への長期の嘆願活動には、感心するものが今ゆえにあります。

孤独な活動だったと思いますが、

自分の目先の利益以上に地球的、

宇宙観ある先見性がいかに大切か、

いまだ田中正造の魂が発信する力は偉大なんだと感じました

足尾銅山の鉱害は、3.11のみならず、

嵐の度にいまだ周辺の農地に害を与えていることも初めて知りました。

また熊楠が守った熊野の森も…。今に至り、破壊は天災だけが原因ではない。

昨年の熊野の大災害も、植林もやはり影響があったのだと、

改めて気づかされましたが、時代がエコロジーに向かうのは、

森も体も汚染されたり破壊されたあとだというのは哀しいことです。

情けないことです。

でも、まだまだ何とかしようと知恵を働かせたり、

人とつながりあえるのは、人にしかできないことです。


今日も明日も自分の心、

隣人の心と温かく向かいあえる毎日を続けることが、

真の文明に向かおうとしていることになるのだと感じてます。


それに今は田中正造や南方熊楠先生たちの時代と違って

過去とも世界とも瞬時に繋がる時代。だからこそ、

1人1人の地道な行動が、大きな力になる可能性がたくさんあると感じます。

久しぶりに番組で中沢新一先生の話も聞けました。

明日からのエネルギーチャージをした感じです。

頭痛腹痛のお陰さまでプレゼント頂けたようです。

8月の熊野原人の会での熊野再訪も、

今の自分なりにできることをしっかりやりたいと思います(^-^)


ということで、今日は撮影でした。。。

赤薔裸ですが、青と白の世界になりそうです。

タイトル書も書き書きしてます。



そして、NY戻ったら、赤薔裸映像作品創りのために女川にも行く予定ですが、

関東の海も映像に収められたらいいなあと思ってます。

この先も災害は身近におこること。


母なる海や大地、自然とどの様に女の私が関わっていけばよいのか・・・

天を仰ぎたくなるような出来事に会うたびに、

共に生きるための模索や思いをさらけ出しながら前に進んだ行きたい。

そんな今の胸いっぱいな想いから、

とにかくキャンバスを青く染めてしまいたい気持ちに駆られてしまったような気がします。

赤い血から滲み出すように、太古の海の塩分が騒いでいるような・・・

深みある紺のパッションが湧き出してきているような・・・・

なにか透明で大きな力が自分の中から沸きあがってくる感じがしてます。


それに最近は、分かった振りして立ち居振舞ってきてしまった自分が

とっても嫌だなあと感じてます。


デモ行ってみて感じたのだけど、

染まってみて、初めて知ること、行って見なきゃわかんなかったこと、たくさんありました。


孤独に斜に構えたり耐え忍んだりしてないで、

時の変化に興味を持って素直に足を運ぶこと、

外に向かって繫がること、感じること、敢えて染まってみること、

1人1人のチカラが合わさり大河のようなうねりが生じることを肌身で感じること

そして自分が変わることって

今とっても大切なことなんだと、感じています。

△Top

2012年08月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のエントリー

Photo Log

Creative Commons License
このサイトは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.

当サイト掲載内容の転載は二次使用も含め、事前にお知らせ下さい。リンクをして頂く際にもご連絡をお願いします。

Copyright (c) 2007
Sawaka Oka
All Rights Reserved.