News Blog Profile Works Photo Movie SouVenir Contact

『水の縄、煙の巡り』

『水の縄、煙の巡り』
2009年12月12日(土)

マスミアートスペース MURO(大塚)
東京都豊島区巣鴨4-5-2
JR大塚駅北口徒歩7分
都立文京高校斜め前/巣鴨新田入口信号角

OPEN:14:00/18:30
START:14:30/19:00

ご予約:3,000円
当日:3,500円
定員:各回30名
問・ご予約:info@sawaka.info / 080-3667-0813 

舞:岡佐和香
SAX:KONTA
VOICE:福岡ユタカ(14:30の回)
VOICE:山崎阿弥(19:00の回)
闇と光:岡田淳

 主催:Studio Sou
後援:POSEIDON

 

岡佐和香(舞踏)SAWAKA OKA http://www.sawaka.info/
大野一雄との出会いから舞踏の世界で研鑽を積み、芝居、生け花から剣舞まで、様々なスタイルを融合させて独自の世界観を持つダンスを踊る。即興やライヴ・ミュージックに鋭敏な感覚で呼応し、ジャンルを超えたイベントにも積極的に取り組んでいる。

KONTA (S.Sax.) http://konta-ism.net/
'84年にバービーボーイズのヴォーカル兼サックスとしてデビュー。'92年解散後にソロ活動を開始し、多くのアルバム、シングルをリリースしている。現在は、ほぼ毎月1回行っている弾き語りによるソロライブを中心に、僕らのしぜんの冒険、TRIVANDRUMなどで活躍。音楽はもとより、俳優としても舞台、テレビ、映画などに出演、CMやドキュメンタリーなどのナレーター役としても人気を集める。

14:30の回
福岡ユタカ [voice] YUTAKA HUKUOKAhttp://www.lares.dti.ne.jp/~yenchang/
世界の様々な音楽に深い造詣と興味を持ち、類い希なる歌唱力とサウンドメイキングが国境と文化の壁を貫くエネルギーを持つ。
その音楽活動は自らのアルバムの他、映像、TV、ダンス、とのコラボレーションそしてプロデュースなど多岐に及び、海外活動もさかんに行っている。

19:00の回
山崎阿弥[voice] AMI YAMAZAKI http://amingerz.exblog.jp/
声のアーティスト。世界中の音に混じり声を出す。即興演奏を中心に、音楽家、ダンサーとのコラボレーション、演劇への参加(役者、音楽家)など、ヴァ-サタイルなパフォーマーとして多くの公演に参加し、個人としても独自の世界観で音楽制作を行う。また、映画監督、絵描き、詩人でもあり、それぞれの分野で活動している。

△Top

響楽舎
【初の段】 Kyokyo Rairai  /  虚去蕾来

響楽舎
うたまひもののひびきあひ
【初の段】 Kyokyo Rairai  /  虚去蕾来

日時:2008年 11月2日(日)11月3日(月) 18:30開場 19:00開演
料金:ご予約:2500円、当日:3,000円
(収益の一部をNPO法人富士山クラブに寄付させていただきます)
ご予約・お問合わせ:info@sawaka.info

会場:マスミアートスペースMURO
漆を熟成する室を改装して作られた和紙と木の古民家のようなスペース
JR大塚駅北口より徒歩7分  豊島区巣鴨4-5-2  tel. 03-3918-5401
http://www.masumi-j.com/

雲龍 笛
横笛をはじめ土笛、木の実の笛、コアガラスの笛、ネイティブアメリカンフルートなど数多くの笛を演奏する。97年からは細野晴臣with環太平洋モンゴロイドユニットのメンバーとしての活動も続けている。05年CDブック『遮那 水の流れ光のごとく』をリリース。06年NHK土曜ドラマ『ウォーカーズ』楽曲提供と出演。07年龍村仁監督映画『地球交響曲第六番』虚空の音編に出演。
http://shana-records.com/

岡 佐和香 舞
舞踏家。舞踏を大野一雄・大野慶人、中嶋夏に師事。幼少よりバレエ・モダンバレエを踊る。劇場におさまらず、多くの人や自然、場と交感、交歓するためにクラブ・野外イベントやアートフェスティバル、映像作品などに出演。芝居、生け花、剣舞など様々なスタイルを融合させ、独自の世界観を持つダンスを踊る。ミュージシャンとの即興セッションにも積極的に取り組んでいる。2008年3月舞踏ソロ初公演『月の下、泥花の咲く頃』等を発表。
www.sawaka.info/

松尾宇人 光
武蔵野美術大学卒業後、キリン・コンテンポラリー・アワード、アーバナート等、入賞。96年、自宅にインスタレーション作品『Happy House』を設置。少ない要素で空間の変容を観察する装置が
多く、インスタレーション、オブジェ、照明、舞台美術、写真作品、グラフィックデザインなど媒介も変容している。
http://homepage.mac.com/ujin/

 

 

 

 

 

△Top

SouVénir公演 試作『an』

☆SouVénir作品

2008年8月9日@マスミ アートスペースMURO(大塚)
試作『an』 (30分作品)

『はずして。
    感じて。
       放って。』

出演:平手舞、小波羅ちえ、岡西里奈、岡佐和香
サラウンドスケープ:沢口真生
舞台美術:松尾宇人
構成・演出・振付:岡佐和香
ご協力:横尾靖(株式会社マスミ)


サラウンドの第一人者、沢口真生さんデザインの4チャンネルサラウンドスケープと身体の試作にもなりました。 

△Top

『月の下、泥花の咲く頃』 (東京ヴァージョン)

☆佐和香舞踏ソロ初公演
2008年3月22日、23日@四谷『コア石響』
『月の下、泥花の咲く頃』 (1時間作品)

出演:
深町純(22日ソワレ)/Piano
清水一登(23日マチネ・ソワレ)/Piano
MITUKO/Cello
岡 佐和香


照明:岡田淳
音響:羽田淳一
舞台監督:相良ゆみ
Art Works:松尾宇人(Happy House)
Hair&Make:Senki(tuQui)
協力:POSEIDON、 SMALL AXE INC

△Top

『月の下、泥花の咲く頃』(京都試作ヴァージョン)

☆佐和香ソロ
2007年7月7日@京都shin-bi
『月の下、泥花の咲く頃』 (30分作品、試作ヴァージョン)

 

泥の花ー和の花、調和の花。私が受け継いだ、繋げてゆくもの

私の命には何故終りがあるの?
私は、何故この世の不幸せや苦しみと調和できないの?
そう思い続けて、気づいたのです。
遠い昔に、この島で渡来と土着の民たちが出会いたどり着いた「調和」の陰で、たくさんの対立や争いから生まれた、どうしようもない憎しみや悲しみが繰り返されてきたことを。そして、私の肉体には彼らの愛憎の記憶が共存していることを。
そうしたら、どうしようもなく深いたくさんの愛に包まれて、脈々と命が私に受け継がれてきたことに気づいたのです。

私は、身体に眠る彼らの記憶をたどりながら、彼らがたどった「和」の道に込めた思いを蘇らせたいと思い始めた。
そして今を生きる私とあなたの優しい心を咲かせたいと願う。
後の世に、私とあなたが生きた記憶を受け継ぐ命に、必ず幸せが訪れる力を秘めた花を今、咲かせたい。

泥の花ーそれは和の花、調和の花。私の泥沼から生まれる、たくましい命そのもの。未来に向かって守るべき、命の燈火。

近頃、なぜか私の体が泥と呼応しあってるようなのです。 

 


出演:
岡 佐和香
MITUKO/チェリスト
原谷 恵/後見&鈴囃子

△Top

雑誌『リラックス』インタビュー記事

雑誌『リラックス』2006年8月号
「マジカルへアー特集」インタビュー

 

髪が人を踊らせるとき、聖なるパワーが宿る!

身体表現のもっともプリミティブにして奥深いダンスの世界。
そこではヘアが重要な表現の核となり異次元へと誘う。

解き放たれる身体、そして自由に踊り出す髪。

舞台に立つ前に、最後に仕上げるのが髪ですが、上手に結えない時は気持ちが揺れ、ダンスにも影響します。私の舞踏は無意識の領域、何ものかに動かされるようなトランス状態で自在に舞うダンスで、異次元のパワーが湧き上がってくる世界。

今回の舞台『無尽蔵』は、 謡曲「潮来出島(いたこでじま)の真菰(まこも)の中に菖蒲(あやめ)咲く…」に絡め、私自身の過去と閉塞的な社会を象徴させた新聞紙の打ち掛けを纏(まと)った狂女が、花菖蒲(はなしょうぶ)を鋏(はさみ)で切り刻んで髪に挿すことで、苦しみに満ちた世の中の邪気を祓うという演出。私の舞踏観と生け花の思想とを凝縮させた舞台でもあります。終盤は髪を振り下ろしますが、結い上げた髪は社会規範と私との葛藤、下ろした髪は解放と快楽の象徴です。また髪自体が自然であり、天から地へ、下から上へパワーが交感する架け橋と見なし、人がもっと自由に他者や自然と知恵を交歓し、愛を享受できるようにとの祈りも込めています。

社会不安を女性の長い髪に象徴させたのは「ファム・ファタル=運命の女」ですが、歌舞伎の『鏡獅子』もまた祭事演目で、私はあの勇壮な毛の舞いに不思議な魅力を感じています。社会概念から解放される身体としての髪、その自由さを今後の舞台空間に演出していきたいと思っています。(談)

 

sawaka_hair.jpg

△Top

『何もかも白紙にせず、無から始めたい・・・』

☆佐和香ソロ
2006年5月19日@新宿Bar非常口
『何もかも白紙にせず、無から始めたい・・・』

△Top

☆SouVénir 『Kumo to Kujira no Hazama de』 

☆SouVénir
『Kumo to Kujira no Hazama de』
雲のクジラを見たと
とっさのウソからでた
女のウツツの
その世界は
とても楽しく
おかしく
時々切なく
美しかったので
ありました☆

出演:伊沢響、平手舞、太田ロランス緑、小波羅ちえ、岡佐和香

 

△Top

2006年11月 exiSt

2006年11月 exiSt
『Viva Music! Viva Dance! Viva Orgone!:Enjoy Our Happy & Sexy Nature』

△Top

2006年5月19日 無尽蔵

2006年5月19日無尽蔵:音楽とからだの出遭いと生死(しょうじ))

△Top

2006年3月2日 exiSt

  2006年3月2日 exiSt:日韓アーティストの音楽とダンスのコラボレーション

フライヤー

△Top

Photo Log

フライヤー

Creative Commons License
このサイトは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.

当サイト掲載内容の転載は二次使用も含め、事前にお知らせ下さい。リンクをして頂く際にもご連絡をお願いします。

Copyright (c) 2007
Sawaka Oka
All Rights Reserved.